エクストラバージンオリーブオイルの
健康効果発信機関

オリーブオイル健康ラボ

佐藤秀美先生監修

日本の食卓にも合うエクストラバージン
オリーブオイル料理レシピrecipe

夏の簡単メニュー+エクストラバージン
オリーブオイルで“夏バテ対策!”

エクストラバージンオリーブオイル
鶏肉のホイル焼きとグリル野菜

ー“緑の香り”の梅だれ&味噌だれ添えー
エクストラバージンオリーブオイル 鶏肉のホイル焼きとグリル野菜

材 料(2人分)

主菜:鶏肉のホイル焼き

  • 鶏ささみ6本
  • 小さじ1
  • 少々
  • 梅だれ
  • ・梅干し(チューブ)10g
  • ・醤油小さじ1
  • ・オリーブオイル大さじ1
  • 味噌だれ
  • ・味噌大さじ1
  • ・米酢小さじ1
  • ・砂糖小さじ2
  • ・オリーブオイル大さじ1

副菜:グリル野菜

  • なす1/2本(ヘタを切り落とし、縦1cm幅に切る)
  • オクラ2本(ヘタを切り落とす)
  • ズッキーニ1/4本(ヘタを切り落とし、縦1cm幅に切る)
  • 赤・黄パプリカ各1/4個(ヘタを取り除き、斜め半分に切る)
  • ミニトマト4個(ヘタを取り除く。)
  • オリーブオイル適量

作り方

主菜を作る

  • 鶏ささみの筋を取り、アルミホイルに並べる。塩と酒を振って包む。
  • 野菜とともに魚焼きグリルに入れ、強火で10分焼く。
  • 梅だれ、味噌だれはそれぞれ全ての調味料をよく混ぜる。

副菜を作る

  • 野菜の切り口にオリーブオイルを塗る。
  • 全ての野菜を魚焼きグリルに入れ、強火で10分焼く。

調理のポイント

鶏肉のホイル焼きと野菜を一緒に魚焼きグリルにいれて焼く。
  • 省手間、短時間料理。
野菜の切り口にオリーブオイルを塗ると、水分蒸発を抑制
  • 野菜が干からびず、みずみずしい食感に。

栄養のポイント

野菜とオリーブオイルの組み合わせ
  • 脂溶性成分(βカロテン、リコピン)の吸収率アップ。
  • 色々な種類の抗酸化物質で、体全体の抗酸化力アップ。

抗酸化物質は種類によって体内で作用する場所が異なるので、様々な種類の抗酸化物質を一緒に摂ることで、カラダ全体の抗酸化に役立つ。

野菜を加熱する。
  • 熱による細胞破壊で、栄養成分の吸収率アップ。

野菜の栄養成分は細胞内(細胞壁は食物繊維)に閉じ込められている。加熱により細胞が破壊されると、栄養成分は細胞外に出やすくなり、腸管から吸収されやすくなる。

夏バテの予防・改善に、特に意識したい栄養

糖質
脳や身体活動に必要なエネルギー
ビタミンB1
糖質のエネルギー代謝に必要

たんぱく質
体組織や免疫細胞等の原料
ビタミンB6
たんぱく質の代謝に必要

抗酸化物質
(βカロテン、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノール等)…暑さやストレスなどで発生する活性酸素の弊害からカラダを守る
脂質
脂溶性の抗酸化物質(βカロテン、ビタミンE)の吸収率を高める