エクストラバージンオリーブオイルの
健康効果発信機関

オリーブオイル健康ラボ

オピニオンコラムcolumn

正しいオイル習慣で、
健康的な美しい身体へ

正しいオイル習慣で、健康的な美しい身体へ

不健康なやせ女性の増加は、女性の身体に関する基礎知識や食生活に関する基礎知識が不足した、ヘルスリテラシー不足が原因であると感じています。平均寿命100歳時代の健康貯金のためにも、オイルの正しい性質を知り、よいオイルを意識して摂ることが、現代女性のサバイブ術です。

エクストラバージンオリーブオイルは、豊富な含有成分から①不妊症へのアプローチ、②デトックス効果、③腸内環境サポート、④ブースターとして食品の脂溶性ビタミンや抗酸化成分の吸収率を高め、美しい肌を守る等の働きがあります。メカニズムは以下の通り。①オレイン酸は悪いコレステロールを減らし良いコレステロールを守る働きがあります。コレステロールは女性ホルモンの材料となるため、オリーブオイルを摂取することで間接的に女性ホルモンの量をキープできる可能性があります。また、ビタミンEはギリシャ語で“子宝のビタミン”という正式名称をもち、動物の不妊症研究から発見されたビタミンです。②良質な脂肪酸を摂ると、便を油膜でコーティングして排便を促すため、老廃物が溜まりにくい身体になります。③バイオジェ二ックス(間接的に腸内環境にアプローチし、身体に良い影響を与えることが出来る成分)であるポリフェノールが多く含まれます。腸内環境を整えることは全ての美容・健康・ダイエット効果の基盤です。エクストラバージンオリーブオイルは、オレイン酸を70%以上含む酸化しにくい油なので、まるのうち保健室でも調理に適したオイルとして、生活に取り入れることを推奨しています。

細川 モモ

細川 モモ 先生医療コンサルタント 
社団法人Luvtelli(ラブテリ)東京&NewYork主宰

2011〜2015 ミス・ユニバース・ジャパン ビューティキャンプ講師。 14年に三菱地所とともに働く女性の健康を支援すべく「まるのうち保健室」を立ち上げ、「働き女子1,000名白書」をまとめる。同時期に文京区による少子化対策プロジェクト「Happy Baby project」実行委員会委員長に就任。「タニタとつくる美人の習慣」など著書・連載多数。