エクストラバージンオリーブオイルの
健康効果発信機関

オリーブオイル健康ラボ

佐藤秀美先生監修

日本の食卓にも合うエクストラバージン
オリーブオイル料理レシピrecipe

夏の簡単メニュー+エクストラバージン
オリーブオイルで“夏バテ対策!”

エクストラバージンオリーブオイル
“なんちゃって”野菜炒め
withカリカリそうめん

ー余ったそうめんのリメイク料理ー
エクストラバージンオリーブオイル“なんちゃって”野菜炒めwithカリカリそうめん

材 料(1人分)

カリカリそうめん

  • 余ったそうめん100g
  • オリーブオイル小さじ2
  • 醤油小さじ1

“なんちゃって”野菜炒め

  • キャベツ50g (ざく切り)
  • 豆苗1/2袋 (長さ3~4cm)
  • 塩昆布5g
  • ツナ缶(水煮)1/2缶
  • オリーブオイル小さじ2
  • 七味唐辛子適量

作り方

カリカリそうめんを作る

  • 余ったそうめんを3〜5cmのざく切りにする。
  • フライパンにオリーブオイルを入れ、1のそうめんを平らに敷く。醤油をぽたぽたと全体に垂らす。
  • フライパンを火にかけ、蓋をして中火で3分焼く。そうめんに焼き色がつき乾燥してきたら、そうめんをひっくり返して蓋をせずにさらに2分焼く。
  • 器に“なんちゃって”野菜炒めを盛り、その上にカリカリそうめんをのせる。お好みで七味唐辛子をふる。

“なんちゃって”野菜炒めを作る

  • 耐熱の深皿にオリーブオイル以外の全ての材料を入れてさくっと混ぜ、ラップをかけて電子レンジで加熱する。(加熱目安:600W 2分半)
  • オリーブオイルを加えて和える。

調理のポイント

そうめんに醤油をたらして焼く。

⇒カリカリした食感&醤油の焦げた香ばしさ

  • そうめんのリメイク感が無い。
  • カリカリ感と醤油の焦げ風味が料理のアクセントになる。
野菜を電子レンジで加熱すると、簡単“炒め物” に。
  • 夏の暑い環境下で、ガス火を使わなくても“炒め物”風に。
  • フライパンも不要で、省手間。

栄養のポイント

野菜とオリーブオイルの組み合わせ
  • 脂溶性成分(βカロテン)の吸収率アップ。
  • 色々な種類の抗酸化物質で、体全体の抗酸化力アップ

抗酸化物質は種類によって体内で作用する場所が異なるので、様々な種類の抗酸化物質を一緒に摂ることで、カラダ全体の抗酸化に役立つ。

野菜を加熱する。
  • 野菜の栄養成分は細胞内(細胞壁は食物繊維)に閉じ込められている。加熱により細胞が破壊されると、栄養成分は細胞外に出やすくなり、腸管から吸収されやすくなる。

夏バテの予防・改善に、特に意識したい栄養

糖質
脳や身体活動に必要なエネルギー
ビタミンB1
糖質のエネルギー代謝に必要

たんぱく質
体組織や免疫細胞等の原料
ビタミンB6
たんぱく質の代謝に必要

抗酸化物質
(βカロテン、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノール等)…暑さやストレスなどで発生する活性酸素の弊害からカラダを守る
脂質
脂溶性の抗酸化物質(βカロテン、ビタミンE)の吸収率を高める